忍者ブログ

mface「エムフェイス」情報サイト|MBI MfcClub 被害 換金 最新情報

エムフェイス mface(MfcClub MBI)の投資勧誘の実態をまとめたサイトです。⇒ mface(エムフェイス)は、2011年にマレーシアにて設立された第2のFacebookを目指す“自称”全世界規模のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)。運営法人は エムフェイス・インターナショナル(Mface International)。2012年5月より有料会員クラブ『MFC Club』エム・エフ・シー クラブというMLM(連鎖販売取引)を展開。有料会員は mfaceの「広告権利の購入」名目でお金を投資すれば、“オンライン電子クーポンシステム”(GRCクーポン・Mコイン)等の特典が付き、それらの分割・利殖・換金により確実に資産が増える大富豪輩出システム。数年以内にナスダック上場を目指すとのこと。 親会社は、2009年7月設立のMBIインターナショナル『MBI International Sdn.,Bhd.』会長は Tedy Teow(テディ・ティオ)氏。“自称”グループ総資本額1000億円のホールディングカンパニー。 ~などという謳い文句で投資勧誘する金品配当型のマルチ商法です。

mface 韓国摘発 - エムフェイス・コリア大量検挙!

無登録の多段階組織大量検挙! 
インターネット仮想通貨販売託し数千億ウォン横領 - 全国規模




水原西部警察署は、マレーシアで開発されたSNSであるエムフェイスの広告権に投資すると高収益を得ることができると、1万1000人余りから約4000億ウォンの投資金を募集した違法無登録多段階業者M社(別名 エムフェイス)を取り締まり、国内第1号事業者 A(48歳 男)、国内法人(エムエフシー コリア)代表 B(45歳 男)など13人を訪問販売等に関する法律違反の疑いで逮捕。その他 、C(56歳 女)など59人を刑事立件、海外逃避の加担者について捜査拡大中だと明らかにした。

一味は、2012年11月から今年9月まで、ソウル瑞草区瑞草洞に事務所を置いてソウル、京畿、釜山など全国に100余りの支社・支部・センターなどで、1口座当たり650万ウォンを投資するとマレーシアの企業が運営するSNSのmfaceで使用できる広告権と投資の60%に相当する仮想通貨(GRCポイント)を支給。
支給された仮想通貨は、短期間に数十、数百倍に累積されて現金に両替が可能として、傘下投資家募集でも各種手当の支給を受け、短期間に高収益を得ることができると騙して全国で1万1000人から約4000億ウォンを得た。


エムフェイスは、マレーシアM社が運営するSNSと知られている。被疑者 Aなどは、マレーシアからの営業方式を持ち込み、少なくとも13万ウォンから最大4950万ウォンまで投資して会員に登録すると、世界的なSNSサービスであるエムフェイスを紹介して高収益を得ることができるなどど言い、全国に支社(25社)、支部(55支部)、センター(20ヶ所)を設置。MLM マルチレベルマーケティング方式で投資家を募集し、日本、米国などの投資家の募集の為の講師として招待され活動するなど、国内投資家の募集に限界を感じて海外にも進出した。

一方、仮想通貨(GRCポイント)は、エムフェイスのサイトのみで使用可能なもので、投資家が購入したポイントは、1年に2回1.6倍から2倍ずつ自動的に価値が上昇するが、ただのコンピューター計算上の数値が人為的に操作されて上がるだけで、国内市場で現金のように流通することができるシステムを全く構築していない状態で、投資資金募集の手段として悪用されていた。
後から入会する投資家のお金を、先に登録している投資家の収益に支給する方法で、最終的に後発投資家は莫大な被害を被る構造であり、投資家の中で広告枠でエムフェイスに広告を出した人はいないことが分かった。

特に被疑者は、去る8月18日、最高裁で「M社の違法無登録多段階の組織に該当する」という確定判決があったが、投資家に事実を隠して「国内では何の法的な問題はない」と偽投資家募集を続けて全国各地の支社、支部、センターを中心に、定期的な会議や集会・ミーティング・ブログなどを通じて組織的に活動しながら、新規投資家獲得の事業説明会を定期的に開催し、投資家を安心させる為に反復的な教育で組織の離脱を防いできた。

ほとんどの投資家は、広告権より仮想通貨GRCポイントが、新たに投資家を募集しなくても自動的に数十倍上昇して、マレーシア拠点を介して現金化することができると惑わされ、多くは数億ウォンを投資したが、後発投資家の投資金が本社の口座に送金された事実は確認されず、被疑者AとB、全国の支店とセンター長らは、後発投資家から現金で受け取ったり借名口座に送金を受け、それを現金で引き出し仏像等の品へ変える方法等で隠匿するなど資金洗浄疑惑があることも明らかになった。

一方、警察の本格的な捜査に新規投資家が払い戻しを要求すると、一部の投資家へは投資金を返された場合もあるが、ほとんどの投資資金を取り戻すことは容易ではない状態で、今後、警察ではエムフェイスの無登録多段階組織に対して継続的な捜査と、主要加担者には、徹底して厳正な捜査と集めた投資金の使途などの捜査を拡大する方針だと明らかにした。

また、エムフェイスは違法無登録多段階組織と明らかになり、これに投資する場合、莫大な損失が予想され、短期間で高収益を得ることができると投資を勧誘された場合には、細心の注意を呼びかけた。
 
 

韓国エムフェイス摘発報道
韓国GUKJE Newsより (2016.11.02)
http://www.gukjenews.com/news/articleView.html?idxno=583948
http://www.freezepage.com/1480494292KSJLUMGHLB

※エムフェイス韓国摘発 カテゴリー




PR

コメント

mface検証サイト

Profile

HN:
テディ太郎
Webサイト:

最新コメント

[06/11 テディ太郎 @管理者]
[06/02 円山天晴]

PR

PR

バーコード