忍者ブログ

mface「エムフェイス」情報サイト|MBI MfcClub 被害 換金 最新情報

エムフェイス mface(MfcClub MBI)の投資勧誘の実態をまとめたサイトです。⇒ mface(エムフェイス)は、2011年にマレーシアにて設立された第2のFacebookを目指す“自称”全世界規模のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)。運営法人は エムフェイス・インターナショナル(Mface International)。2012年5月より有料会員クラブ『MFC Club』エム・エフ・シー クラブというMLM(連鎖販売取引)を展開。有料会員は mfaceの「広告権利の購入」名目でお金を投資すれば、“オンライン電子クーポンシステム”(GRCクーポン・Mコイン)等の特典が付き、それらの分割・利殖・換金により確実に資産が増える大富豪輩出システム。数年以内にナスダック上場を目指すとのこと。 親会社は、2009年7月設立のMBIインターナショナル『MBI International Sdn.,Bhd.』会長は Tedy Teow(テディ・ティオ)氏。“自称”グループ総資本額1000億円のホールディングカンパニー。 ~などという謳い文句で投資勧誘する金品配当型のマルチ商法です。

mface 取締役3名起訴 - マレーシア本国で11件の罪状


1億2200万RMを含むマネーロンダリング違反の罪で

mface社の取締役3名起訴される




投資スキームオペレーターの「MFace International Bhd」の3人の取締役は、今日の刑事裁判で、マネーロンダリングの11件の罪で起訴された。
これには2,288万RMが含まれている。

Pandan Indah Maybankの支店で、2012年11月6日から2017年5月1日の間に、Kau Fong Seng(35歳)、Teow Ee Meng(27歳)、Wong Weng Torng(38歳)らが違法な事業活動から生まれた資金とされる。

3名の取締役は、マネーロンダリング防止、テロ対策資金、不法行為収入法(AMLA)2001のサブセクション4(1)b違反に基づき訴追された。

有罪判決を受けた場合、最高で懲役15年、500万RMの罰金を科せられ、または、関連する金銭的価値の5倍を超えない額のいずれか高い額が刑に処せられる可能性があります。

KohとTeowの料金はセッション裁判官Azrul Darusの前で読み上げられ、Wongの料金はSuzana Hussin判事の前で読み上げられました。

ブディマン・ルトフィ・モハメド副検察官は、被告人1人につき100万リンギットの保釈金を要求していたが、カウ・アンド・テオにはそれぞれ600万リンギットの保釈金、ウォンには500万リンギットで保釈が与えられた。 被告人3人全員は、パスポートを引き渡し、毎月第1週にアンパンジャヤ警察本部に報告することを判決が確定するまで指示した。 審問は2018年7月11日に行われます。

先月、3人の取締役は、2012年から2017年の間にMFaceの下でピラミッドスキームを促進するための1993年の直接販売および反ピラミッドスキーム法のセクション27(b)の下で違法行為を犯したとされた。




MFaceは、MBI Group International Sdn Bhdの一部門であり、両社は300以上の企業を含む無免許活動のためのBank Negara Malaysiaの警告リストに載っています。

MFaceは、ペナンとクアラルンプールで使用されているデジタル通貨であるMcoinを発行します。これには、「M Mall」と呼ばれる専用モールで商品を交換することも含まれます。

2017年5月、マレーシア銀行ネガラ・マレーシア(BNM)およびマレーシア企業委員会との共同事業により、国内貿易協同組合(KPDNKK)は、MFaceで管理されている資産を凍結した。 SSM)。






2018年5月30日、MBIの設立者「Tedy Teow Wooi Hat」(Teow Ee Mengの父親でもある)は、MFaceとその姉妹会社である「MBI Marketing Sdn Bhd」を通じて不正な電子マネーを発行したとの罪で訴追を受けた。


別の声明で、KPDNKK執行部のDatuk Mohd Roslan Mahayudinは、同省は、司法長官、BNM、およびマレーシアのRoyal Police Forceの下で国家歳入救済執行部と協力し、詐欺行為を根絶すると述べた。国家に威信をかけて。

また、KPDNKKの下で施行された法律、特に1961年の供給管理法、1993年の直接販売と反ピラミッド制度、1993年の光ディスク法、1987年の著作権法の下で犯罪を犯した当事者に対してAMLAの下で措置を講じることができると警告した、およびTrade Descriptions Act 2011を参照。


引用:マレーシア報道
The Edge より






Three MFace directors charged for money laundering involving RM122 mil


AMPANG (June 6): Three directors of investment scheme operator MFace International Bhd have claimed trial at the Sessions Court here today on 11 charges of money laundering, involving RM122.88 million.

Kau Fong Seng, 35, Teow Ee Meng, 27, and Wong Weng Torng, 38, were accused of receiving the monies, said to be raised from illegal business activities, at the Pandan Indah Maybank branch between Nov 6, 2012 and May 1, 2017. 

The three directors were charged under subsection 4(1)b of the Anti-Money Laundering, Anti-Terrorism Financing and Proceeds of Unlawful Activities Act (AMLA) 2001.

If found guilty, they could be jailed for up to 15 years, fined RM5 million or not not more than five times the monetary value implicated, whichever is higher. 

The charges for Koh and Teow were read in front of Sessions Court judge Azrul Darus, while Wong’s charges were read in front of judge Suzana Hussin.

While Deputy public prosecutor Budiman Lutfi Mohamed requested for bail of RM1 million for each of the accused, Kau and Teow were granted RM600,000 bail each, while Wong was granted bail for RM500,000. All three accused were also instructed to surrender their passports and to report to the Ampang Jaya police headquarters in the first week of each month, until the case is resolved. Hearing is set on July 11, 2018.

Last month, the three directors were also charged for committing an offence under section 27(b) of the Direct Sales and Anti-Pyramid Scheme Act 1993 for promoting a pyramid scheme under MFace between 2012 and 2017.

MFace is a unit of MBI Group International Sdn Bhd. Both companies are on Bank Negara Malaysia's alert list for unlicensed activities, which contains over 300 companies. 

MFace issues Mcoin, a digital currency that has been used in Penang and Kuala Lumpur, including to redeem goods at dedicated malls dubbed “M Mall”.

In May 2017, the Ministry of Domestic Trade, Co-operatives and Consumerism (KPDNKK) froze assets managed under MFace, comprising RM177 million held in 91 bank accounts, in a joint operation with Bank Negara Malaysia (BNM) and Companies Commission of Malaysia (SSM). 

On May 30, 2018, MBI founder Tedy Teow Wooi Hat, who is also the father of Teow Ee Meng, claimed trial on charges of issuing unauthorised electronic money through MFace and its sister company MBI Marketing Sdn Bhd. 

In a separate statement, KPDNKK enforcement department director Datuk Mohd Roslan Mahayudin said the ministry will continue to cooperate with the Department of National Revenue Recovery Enforcement Team under the Attorney-General’s Chambers, BNM and the Malaysian Royal Police Force, to eradicate swindling activities that will cost the nation. 

He also warned that actions can be taken under AMLA against any parties who committed an offence under the laws enforced under KPDNKK, particularly the Control of Supplies Act 1961, Direct Sales and Anti-Pyramid Scheme Act 1993, Optical Discs Act 2000, Copyright Act 1987, and Trade Descriptions Act 2011.




PR

コメント

mface検証サイト

Profile

HN:
テディ太郎
Webサイト:

最新コメント

[06/11 テディ太郎 @管理者]
[06/02 円山天晴]

ブログ内検索

PR

PR

管理者へ連絡

このメッセージは非公開です。

バーコード