忍者ブログ

mface「エムフェイス」情報サイト|MBI MfcClub 被害 換金 最新情報

エムフェイス mface(MfcClub MBI)の投資勧誘の実態をまとめたサイトです。⇒ mface(エムフェイス)は、2011年にマレーシアにて設立された第2のFacebookを目指す“自称”全世界規模のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)。運営法人は エムフェイス・インターナショナル(Mface International)。2012年5月より有料会員クラブ『MFC Club』エム・エフ・シー クラブというMLM(連鎖販売取引)を展開。有料会員は mfaceの「広告権利の購入」名目でお金を投資すれば、“オンライン電子クーポンシステム”(GRCクーポン・Mコイン)等の特典が付き、それらの分割・利殖・換金により確実に資産が増える大富豪輩出システム。数年以内にナスダック上場を目指すとのこと。 親会社は、2009年7月設立のMBIインターナショナル『MBI International Sdn.,Bhd.』会長は Tedy Teow(テディ・ティオ)氏。“自称”グループ総資本額1000億円のホールディングカンパニー。 ~などという謳い文句で投資勧誘する金品配当型のマルチ商法です。

mface韓国 大量検挙 ~投資詐欺のカラクリ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

mface韓国 大量検挙 ~投資詐欺のカラクリ

韓国mface摘発 事件概要

【被害人数 1万1000人、被害総額 約4000億ウォン】

エムフェイス投資詐欺の実態や、摘発された韓国エムフェイスと日本で活動するグループとの関係性も明らかになりました。  


・2016年11月 訪問販売法違反容疑で代表者含む幹部13人逮捕、会員59人を書類送検
 
・2016年8月 韓国最高裁が確定判決 違法無登録多段階組織と認定
 
・最高裁確定判決の事実を隠して「国内では何の法的な問題はない」と騙し投資家を募集。

・ソウル瑞草区瑞草洞に事務所を設置。
 (ソウル、京畿、釜山など、全国に100余りの支社・支部・センターを設置)
 
・韓国mfaceから日本、米国など海外へ進出

・仮想通貨(GRCポイント)はエムフェイスのサイトのみで使用可能なもの

・GRCポイントはコンピューター上の数値が上がるように人為的に操作していた

・新規会員の投資金を既存会員の収益として支給する典型的な自転車操業

・投資家の中で広告枠でエムフェイスに広告を出した人はいない

・投資家の投資金が本社の口座に送金された事実は確認されず

・投資金を現金や借名口座で受取り、現金で引き出し仏像等に隠匿など資金洗浄の疑惑











韓国mface 摘発 - MFCコリア大量検挙!【報道記事】
http://mface.game-ss.com/korea/mbi-mface-mfc.b16120401
インターネットの仮想通貨「Mフェイス」1号事業者拘束
http://www.freezepage.com/1487303885WFFDIDTWFH

※エムフェイス韓国摘発 カテゴリー



PR

コメント

mface検証サイト

Profile

HN:
テディ太郎
Webサイト:

最新コメント

[10/13 Smithd87]
[06/11 テディ太郎 @管理者]
[06/02 円山天晴]

ブログ内検索

PR

PR

管理者へ連絡

このメッセージは非公開です。

バーコード